toggle
2020-03-22

「Rossi」の胸が躍る優雅なデザインに感じる蔵コレ

ああ、イタリアのデザインはやっぱり面白い。

コロナちゃんが蔓延しているのが辛いが、やっぱりデザインの本場の一つだと思う。
というのも、祖母の若い頃の衣服を楽しむヨーロッパヴィンテージブランド「蔵コレ」は、大体がイタリアやフランスからのオートクチュールの洋服が多いから、似ているのだ。シューズはフェラガモとベルサーチ、グッチにセリーヌ。ああ、きらびやかで華やかだ。

<蔵コレについてはこちら>

阿呆を斬新に変える心の強さ〜東京レディース蔵コレクション2019〜

事の発端は、私が京都五条に行ったことだった。お昼ご飯の場所を探していた時に、たまたまプントプントカフェと言うところに入った。

そこは、一見カフェとわからないようなステーショナリーのお店兼、箱物のインテリアのオーダーカウンター兼、カフェという複合体のお店だったのだ。その名も、「& papers」。どうやら、ペーパークラフトの「box and needle」の関連会社のようだ。デザインペーパーで可愛い箱を作ったり、クラフトをしたりするワークショップも開いているそうだ(ただし、ワークショップの料金はべらぼうに高い)。

カフェ自体は普通に美味しいランチが出てきた。

混んでいないお昼ご飯を楽しみ、そのあとに帰りかけに店員さんと話していて、コロナで延期?になった「紙博」というイベントに出店するはずだったという、デザイン紙の端紙ばかりを集めたお得パックを一個購入。その中に、あのRossiの美しい端紙が混じっていたのだ!!!手触りの良い優しい紙の上に、とても綺麗なパンプスやヒールのデザインが描かれており、金箔で箔押しがされている。かなり手がこんでいるペーパーだ。調べてみると、このヒールはすべてフェラガモのデザインらしい。どうりで夢のある靴なはずだ。見ているだけで心が踊る。

あんまり素敵なので、どこかに売っていないかと思って調べてみたら、アマゾンにあった。

Rossiのヒールのデザイン

バッグのデザイン

アマゾンには出品されていなかったが、他にもこんなのもある。

香水

チョコレート

あああ、蔵コレっぽい!!!!

他にも、今は売っていないが洋服のデザインのものもあり、これがまた蔵コレそっくりでわくわくするのである。

この紙を買って一体どうするんだ、という意見もありそうだが、メッセージカードの他にも、いろいろな身の回りのものに使えるらしい。Box and Needleの本も出ていて、コレを読むのも楽しい。

Box and needle の箱の本

デザインって本当に不思議なものだなあ。
そして紙フェチの私は、金箔と触り心地の良い上質なペーパーを触っては、ワクワクしてしまうのであった。
これ、本当におすすめの紙ブランドです!!

そしてそして、紙博2020京都(8月開催予定)に行ってみたい!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!