toggle
2020-03-13

【東京】西荻窪で有名な海南チキンライス 夢飯( Mu-Hung)に行ってみた

え、なんで「シンガポール料理」なの?

別にシンガポールだけではなくて東南アジア全般にあるので、マレーシアでもよく見かける。(ムスリムの方々が豚肉を食べないため、マレーシアでは鶏肉料理のバリエーションが多く、好まれている)。それよりも、そもそも「海南」って書いてあるから「海南島」の名物ではないの??

なんか、チキンライスって書いてあるからさらに違和感を覚えるのかもしれない。
「海南鶏飯」って書いてくれたらなんとも思わないと思う。

まあ、それは置いといて。マレーシアでもたくさんチキンライスを食べたし、チキンスープで炊いたご飯はとても美味しかった。白い茹でただけの鶏肉もあれば、カリカリに揚がっている黒い衣のついた鶏肉もある。念のために言うが、赤いケチャップで混ぜたごはんはただの日本式チキンライスである。

海南鶏飯と似た料理として、マレーシア、インドネシアではナシ・アヤム (Nasi ayam)、ベトナムではコム・ガー (Cơm Gà)、カンボジアではバーイモアン、そしてタイではカオマンガイがある。だいたいみんな似たような料理である。比較的安くて美味しくてハラールな鶏がみんな大好きなんだね!ちなみに、「鶏飯」っていうと、奄美大島にも鳥のささみをつかったような、具沢山のだし茶漬けがある。

というわけで、先日こちらに行ってまいりました。雨なのにめっちゃ人が多くて何組か待っていました。持ち帰りもできるみたいで、寒空の中待っていると、すいすいっと先にお店に入ってしまう人たちがいて、「どういうこっちゃねん!」と内心思っていたら、そういうことだったみたいです。

しばらくしてようやく店内へ。店員さんはバタバタに忙しいせいか、ものすごく接客がそっけない。ただし、注文すれば料理は早く来る。次々お客さんが入ってくるので、早く食べて早く出ろということなのかもしれない。

▼メニューを見ながら待つ

▼色々食べたいので白いチキンライスと黒いチキンライスのハーフ&ハーフに

味はプリプリでとっても美味しかった!!デザートなどもあれば最高だと思う。

ちなみに、ラクサもとっても気になっていたが今回は食べることができなかった。そう、マレーシアで散々色々な人々に「まずい」と言われていたラクサだ。海鮮ダシのラーメンのような感じなのだが、生臭いのだ。カレールーを足すと食べる気になるので、カレーラクサであれば問題ない。

といいながら、スープストックトーキョーでもメニューに出しているぐらいだから、きっと日本で食べるラクサはおいしいんだろうな。
次回はチャレンジしてみたい。

食べログの名店にもなっているそうなので、是非行ってみてはいかがだろうか。
海南チキンライス 夢飯 西荻窪本店 (西荻窪/東南アジア料理(その他))

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!