toggle
2020-02-03

旅と文化のミカド文庫を作る(3)〜物置と化した古い稲屋をお金をかけずにDIY〜

穴ぐら、米蔵だからこそ感じる、居心地の良さって本とマッチしているなあと感じる。

 

 

お米を保管しておくための穴ぐらをリノベーションして、旅と文化のミカド文庫を作りたい。

というわけで、前回はここまでやっておりました。

旅と文化のミカド文庫を作る(2)〜物置と化した古い稲屋をお金をかけずにDIY〜

はい、このあとですよ、このあと。

まず、家の奥にあった茶色の大きな幕を引っ張り出してきて、壁に画鋲で止めていく。全てが隠れなくても本棚が隠してくれるはずなので、生地を節約。

片付けている最中に古い選挙のポスターが貼ってあるプラスチックのボードをみつけたので、剥がして上から黒板シートを貼ってアレンジ。これを使って、後々本棚たちの高低差を埋めます。

そしてここの右側のスペース。米タンクなどを退けること考えつつも重くてできなかったことと、インテリアとしてもこれはこれで趣があるため、そのまま残すことに。そのかわりに、その隣にあった米の秤と、針金類を隣の物置に退けて、隙間の空いている板のうえに、先日のピナ窯の天井の耐火コンクリ板の型取りをした時のベニヤを乗せてみた。すると思いの外ぴったり重なったので、欲をだしてここを座れるようなスペースにすることにした。

どうせやるなら、とことん。壁や天井に布を貼り出した時点で中央アジアっぽいので、そのままイスラミックな感じの寝椅子を作ることにした。まずは、板の上に使わなくなった敷布団を置く。さらに、その上に友人からいただいた絨毯を乗せる。

そこまではいい。

しかし壁がまだパッとしない。

ここで登場するのが、前回天井に青いカーテンをほどいて打ち付けたときの、内側の遮光カーテン。これをカーテンのフックだけを抜いて、壁にまたしっかり画鋲でつける。ついでに天井にも別の赤い布をたわませて打ち付ける。ちょうど、左側の本棚スペースは青が貴重で、読書スペースは赤が貴重になるような塩梅だ。

すると、こうなる。

おおおお、フォトジェニック!!!ここだけ撮影すればの話だけど、それでも寝ころがって見ると非常に寝心地がいい。

敷布団が全部伸ばせるように長さを調整したので、もはや泊まれるではないか。ちなみにクッションはトルコで買ってきたクッションカバーに百均のクッションを入れたもの。全体的にそれっぽい!!

横から見るとこうなる。

なんだかすごい景色だ笑。

 

さて、ここからが本番である。

本棚を運び込むのは流石に一人では無理なので、例によってとなりのとなりのおばちゃんにて手伝ってもらう。そして、地震対策として、やったこともないエル字型の金具を使って壁と本棚をくっつけるように釘を打ち込む。固い。。。本棚がしっかりした天板なのと、壁が所々固い木の部分を使っているのでなかなかうまく釘が入らない。。

打っては抜いたり、曲げては折ったりしながら試行錯誤を繰り返し、なんとかすべての棚を固定。本当は中東や中央アジアで調達した食器を美しく飾った食器棚を置こうとして運び込んでいたのだが、すでに寝椅子スペースも作ってしまっていてどうしても本のスペースが確保できなかったため、諦めて別の棚を運び込む。

この棚はもともと引き出しが多く本棚に見えなかったのだが、本棚を抜いて見ると正方形がたくさんあって意外と使いやすくて、結局全部引き抜いてしまった。引き抜いた本棚については、友人が「小さい木箱のようなところに新書は置けそう」と言ってくれていたので、それ用として再利用。超大量の新書が少し減ったのでよかった。しかしそうは言っても、3箱も4箱もおくわけにはいかない。またどこか壁などを利用しながら展示の方法を考えねば。

 

暫定的なレイアウトでとりあえず本を本棚に収めることに集中。ひたすら時間がかかるけれど、たった数日のリノベーションで劇的に変わっていく様子が楽しくてしょうがない。大量の本をもとあった本棚から抜いて、仕切り板を抜いて、自分で運んで移動させて、また仕切り板を戻して、全部本をもどしていって。あー、司書って本当に重労働だなって感心した。本って本当に数が多くなると重い。重い。重い!!笑

途中経過だと、こんな感じにざっくりおさめる。

本棚を増やしてこんな感じ。まだまだたくさん収める必要があるが、すごく快適になってきた。本と寝椅子なんて、よくよく考えたらBook and Bedじゃないか。こうなったら、米の貯蔵のための穴ぐらの隠し部屋のBook and Bed Mikadonistanって感じで名付けようかな。米用の通気用の網戸が入り口にある関係で、一見監獄にも見えるけど笑。寝椅子が豪華な奈良の監獄ホテル。どっちがいいかな、どちらでもいいけど笑。

 

まだまだ半分弱しか本が入ってないので、どうするか考えながら続きます!!!

(もしかしたら部屋の外のガレージにも本棚とソファを置いていくかもしれない)

 

今日のオマケ:キメラ化する猫たち。もはや何かの生物にしか見えないw

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!