toggle
2020-01-06

マレーシアがハマるコリアンフードとインスタント麺

クアラルンプールでは、コリアン料理が流行っていた。

おそらく日本食と同じくらい、いやひょっとしたらそれ以上かもしれない。
(地球の歩き方にはいまだに主要な食事レパートリーがマレー・インド・中華としか書いていない)

 

 私のゴールデンなルーティン食は、以下の通りであった。

 朝ごはん:和食(自作/白飯+かきたまご+フルーツ+味噌汁+野菜のおひたし)
 昼ごはん:イエメン料理(外食:サルタorケバブサンド)or中華料理(外食:刀削麺・ニョニャ)・インド料理(外食:カレー)などその他
 夜ごはん:コリアン(自作:インスタント麺かトックかトッポッキ)orマレー料理(外食:チキンともちもちターメリックごはんのココナッツカレー)

 何を隠そう、私は「萬平さん」、じゃなかった、NHKの朝ドラの「まんぷく」を観るまでインスタントラーメンを食べたことがなかった。しかし、マレーシアに来てから多様な麺に出会って、インスタント麺も大好きになった。一口にインスタントと言っても、パッケージは袋麺も多いし、茹でたあとにトッピングを混ぜたりしていると少々手がかかる(ので、料理と言ってもいいのでは?と思う時もある)。

 せっかく色々出会ったので、現地の留学仲間や私が食べたコリアン料理を紹介させてもらおうと思う。

パルドビビン麺

クアラルンプールでの韓国物産展で韓国人留学生の友達に教えてもらったビビン麺。

美味!パルド「ビビン麺」

沸騰したお湯に、ぷるぷるの麺を茹でて、お好みで冷やして、コチュジャンソースを絡めて食べる。プルプルの麺がとってもうまい。単体だとまあまあ辛いので、ゆで卵や茹で野菜ともよく合う。病みつきになって止まらない。そして、韓国人学生に聞くとほぼみんな知ってるし、一袋じゃ足りないから、一食に二袋食べるという子もいたほどだ。しかしマレーシアにも一般のスーパーで売っていない。最初はおつきあいで買おうと思っただけであったから、5袋セットのパッケージ一つしか買わなかったが、あまりにも美味しかったので1週間でなくなってしまった。早々に韓国物産展の会場に行ったのだが、すでにビビン麺は全て売れてしまっていた。すごい人気!!!日本に帰ってきたら絶対調べようと思っていたら、やはりアマゾンに売っていたので二倍ほどの値段でありながらあもポチってしまった。。。

誰か韓国行く人いたらお土産に買ってきてください!!!

火を吹く!カルボブルダック炒め麺

 いろんなカラーのパッケージがあって可愛いが、ピンクの見た目とチーズのイラストに騙されてはいけない。みんな美味しいと言いながら、これは火をふくほど辛い。顔中からありとあらゆる水分が全て出て行くような感じだ。マイルドな見た目から、体調が悪い日の夕食にこのインスタント麺を食べたところ、ルームメイトのタイ人の女の子に「なんでアヤさんはいつも夕飯食べながら泣いてるの?(自分で作っておいて)」と言われるぐらい切ない涙と鼻水が止まらなかった笑。オススメとしては、辛味ソースをうっかり全部いれてしまわずにパッケージの半分ほどにして様子を観るのと、とろけるチーズを入れて味を緩和することだ。あーー、辛かった。。。しかし、美味しい。いろんなカラーでいろんな味があるので、探してみてほしい。

Kstreet(Berjaya times square kuala lumpur 3rd floor)

こちらは寮の近くにあったベルジャヤタイムズスクエアの3階にある韓国レストランだ。なんでも美味しいが、ダッカルビなどが美味しい。

 ベルジャヤタイムズスクエア

 ベルジャヤはマレーシアの複合財閥の一つである。最近、ここの財閥のご令嬢と、もう一つの複合財閥であるナザ・グループのご子息が京都のフォーシーズンズホテルでセレブ挙式をしたとして話題になったそうだ。(ちなみに、マレーシアの財閥や新興企業はだいたい商売上手な中華系が多いのだが、ナザはブミプトラ政策でのマレー人の成功企業としてマレーシア政府より讃えられて?いる。)ちなみに、マレーシアの西側が商業開発が進んでおり、主要各都市の経済は中華系が牽引していると言われている。

アジア社交界のカップルによる憧れのゴージャス婚 in 京都

 さて、そんなベルジャヤタイムズスクエアだが、中はイオンの複合モールのような、意外と庶民的な店舗がたくさん入っているので家族連れに大人気。その三階の奥には台湾や韓国などのアジアのお店が並ぶ通りがあり、「Kstreet」というコリアンレストランがある。ここが美味しいのだ。

 料金も、大の大人4人でたらふく飲み食いしても一人千円ちょっと程度という、とてもお手頃な価格だ。(ただし、アルコール除く)

その他とまとめ

その他、同じベルジャヤタイムズスクエアの地下のSopoongというレストランではキンパが美味しいらしい。あと、サムギョプサルの美味しいお店にも連れて行ってもらったんだけど、名前を忘れてしまった(もちろんノンハラール)。。そういえば、マレーシアでビビンバが美味しいお店には出会わなかったなあ。韓国料理もきちんとハラール認証が取得されていて、マレーシア国内でのハラール認証自体の普及も実感した滞在だった。インスタント麺では、辛ラーメンもたくさん売っていたし、日本食だけでなく韓国食にも全く困らないので、食には本当に困らなかった。

とにかく、パルドビビン麺は絶対食べてみてほしい。

マレーシアの記事で韓国料理の紹介を書くなんて、江戸の仇を京都で討つような気がする(気のせい)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!