toggle
2018-05-19

自分1人で生きているわけではない。

久しぶりに他の人のスパムメールでミクシィをひらいたので、ついでに日記を見て見た。

13年経っても変わってない。

とすると、結局ずっと同じことを思いながら生きているということなんだな。

—————2005年のミクシィ日記—————

なんだか考え込んでしまったが

人間の発達過程ってのは

依存⇒自立でアガリじゃなくって、

依存⇒自立⇒自立+互いを生かした依存

だなと感じます。

自立する過程でも色んな人との関わりの中で

意思決定しているわけだし。

結局自分ひとりで頑張ってやってるつもりでも

実はいろんな人とつながっていて

そこで自分って存在や個性が生かされてると

おもうんよねえ。。

そうすると自立と依存は相反するものではなくて

両立し、それぞれを認めたうえで昇華させていくべきものになるから、そういう相互で高め合っていけるような関係を広く築けたらいいな。国とか信仰とか年齢とか気にせず。

あれ、、、

かなり高校時代に弁論大会で発表した内容に近いなあ。大学生になっても考えの根本は変わらんってことかな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください