toggle
2018-01-28

【花弁レジンアクセサリー】生花を愛でるハンドメイド

寒いっ!!!

ものスゴーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーく、寒いっ!!

なので、雪が積もったり凍ったりすると、そうそう外に出る気にならない。

ミーコも冬になって雪というものを知り、最初はドキドキしていたが今では大興奮。

こんな日は家の中にこもって料理かレジンに限る。

実は、次に会うときに押し花レジンのピアスをあげたい人がいるのでどんなデザインにするか悩んでいた。

押し花レジンというのは意外と難しい。

フラワーレジンがやりたいの。

フラワーレジンがやりたいの〜庭のツツジ編〜

花が綺麗に咲いている時に摘んで、摘んですぐにシワになったりちぎれたりしないように上手に押し花を作り、さらにその押し花に上手にレジンをコーティングする必要がある。

これがどれかの過程でミスをすると全部無駄になってしまうので、不器用な私としてはいつもドキドキしている笑。

できた!!!

山茶花の花びらをそのまま使っていて、裏にヤスリをかけていないのでシワがあるとそのまま見えてしまうが、アイロンで押し花を作る方法を発見してからは、乾燥時の色合いもシワもなくなって使いやすくなった。押し花やレジンにしやすい花もあれば、薄すぎて難しい花もある。

あとは金具の扱いにもっと慣れていけるといいなあ。

一つ一つ経験だから、春になってたくさんの花が咲き出したら色々試してみることとしよう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください