toggle
2018-01-15

日本で食べる美味しい世界料理〜エジプト編〜

ネフェルティティ(六本木/エジプト料理)

エジプト料理 Nefertiti Tokyo -ネフェルティティ東京-

入口が近未来的。これが六本木スタイルか。

えっ、ピラミッドの中の人!?

おなじみのヒエログリフ。

コースターにオシリス神。徹底している。その下のテーブルクロスにも注目。

カーテンに覆われたテーブル。メニューも凝っている。趣向を変えたデートに最適かもしれない。

なんだこれ。開けてもいいのだろうか。。。。

ドキドキする店内のしつらえを一通り堪能した後に注文。奇抜な見た目の店内に対して、雰囲気は落ち着いており、店員も礼儀正しい。料理も味も美味しい。そして、中盤になるとベリーダンサーが踊ってくれる。

 

ネフェルティティというカクテル。ネフェルティティというのはアメンホテプ4世の正妻で、ツタンカーメンの義理のお母さんです。ちなみに名前のネフェルティティは「美人キター!」という意味だそう。緑すぎる見た目に対して、味はさっぱりで美味しい。他にも、クレオパトラやツタンカーメンと言ったメジャーな人々のアラビアンな原色カクテルがある。

ムサア。ナスとポテトを重ね焼きにした野菜のラザニア。すごく美味しい。ちなみに、この料理の起源はギリシャとトルコで、「ムサッカ」と呼んでいる。

名物の鳩の丸焼き。これも美味しかった。中に確かピラフが入っていたような。魚料理では、ナイルパーチのグリルが有名。

デザートはトゥルンバ(小さいドーナツ)。スッキリ口の中が落ち着くエジプシャンミントチャイとともに。

 

やはり中東から地続きだけあって、ちょっとした料理が似ていたりする。(ハトやナイルパーチはないが・・)ちょっと斬新な体験がしたい、日常に刺激がほしい方向けのデートのお店としていいのではと思います。場所やしつらえに対して値段はそれほど高すぎないため、何人かで入れば普通に来ることができる価格帯なのが良い。

 

東京にお住いの方であれば、ぜひ一度は足を運んでほしい素敵なお店だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!