toggle
2017-12-26

イランのフォトブックの新刊ができた

なんか、手を抜こうと思うと手を抜けるのに、ついつい色調調整とか頑張って一枚一枚確かめてしまう。

さらに、最近私がこの活動をしていることに興味を持ってくださる方が地元に増えてきて(模様やイランに興味はないけど、自分のフォトブックや本を作って売りたい)、やり方をお伝えすることが増えました。

いや、しかし私のフォトブックだってだんだんパワーアップしてきているわけでして、テキストでの解説を入れると格段に伝わりやすくなって感激しています(面倒がらずに、もっと早くやればよかった)。あと、直接お会いできないけど欲しいと言ってくださる方が増えてきたので、オンラインのページも設けたりしてだんだんやれることの幅が増えてきています(もし参考にしたいという方がいたら決済サービスの話とかします)。

最終的に編集するのも、写真の加工をするのも自分になるので、その辺が面倒という方にも「簡単だよー」ということをお伝えしていけたらいいなと思ってます。

で!

で、ですよ。

新刊新刊。

もうね、魅力が溢れすぎていて一冊にまとまらないんです。だから、なんと13まで行ってしまいました。
まだもう一冊カーシャーンのが残っているので、合計で14まで行くはず。そして、そこまでできたらイラン個人トラベルガイドブックを別に作る予定。

なかなかイランの情報ってないんですよ。インターネットを見たらあれだけ行ってる日本人がいるのに、情報の記録が少なすぎるし、情勢も変動しすぎなんです。そしてよ、そしてイランとサウジの関係とか、イランとイラクの関係とかわかって旅している人が一体どれだけいるというのか。

先日トランプがエルサレムへの首都移転の話で中東の火薬庫に油を注ぎましたが、ああ行った話も、ちょっと中東の歴史や世界情勢を知っていたら、とんでもなく危険でセンシティブな話だということに気づくと思うのです。
今のイスラームや世界を取り巻く状況変化のことにも旅を通して自分なりのアンテナを立てるのは、改めて大事だなあと思います。

ともあれ!!力作💕

写真ばかりなので、ぜひお手にとって見て見てください💓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!