toggle
2017-12-25

師走に追い風が吹くわらしべキャラバン

誕生月の師走になって、着実に身の回りのことに変化が起きてきている。
こういうのを「追い風」というのだろうか。

この5月から初めての脱サラニート家事介護手伝い旅生活を、いっぱい悩んでいっぱい失敗して、いっぱい行動していっぱい笑って。

今までと180度違う生活に、アルツ型と失語型というタイプの違う想像を超えた認知症の家族の介護の大変さに、自分のことだけ考えて努力してこればよかったサラリーマン生活が懐かしくもあり、家族のこと第一優先で自分の好きなように行動したり働けない辛さと、その割に家にとって大したことが何もできていない自分の不甲斐なさに、乗り越えようともがいている中で学びの多い年だったと思います。他人のために生きる時間を使うなんて、考えたこともなかった。大切にしても感謝もされないし、下手すると罵倒されたり、物を投げつけられたり、噛み付かれたりするような介護生活も、苦手な忍耐を続けてきた結果、一部受け入れられるようになってきた。これもまた、なるべく自分が平穏に過ごすための究極の人付き合いの訓練なのだ。その点、介護士やケアマネージャーと名のつく人のトークはさすがに経験も豊富であり絶妙で、要領が悪くて生真面目な私はその人あしらいのうまさのスキルを盗みたいと心底思った。

そして、みーこ。
 最初うちに迷い込んできたときには、小さくて毛がぐしゃぐしゃで震えながらマロの影に隠れていた子猫が、半年も経っていないというのに今や走れば足音がしそうなくらいどすどすと肥えた体格で、毛もフサフサになり、よく喋りよくなつき、美味しいものを食べると「あおあおあお」という変な声を漏らすデブ子猫になった。この猫は一体誰がどこから連れてきたんだろうか。それとも、日々に四苦八苦していた私を楽しませようとしてくれた誰かが生まれ変わってきてくれたのだろうか。

そんな中、特に12月に入ってから、色々な方に出会ったり、お声掛けをいただく機会が増えてきた。
あったり、なんとなくお会いしたいと思っている人にお会いできたり、やりたいなあと思っていることがイベントでできそうだったり、タイミングよく知りたい情報が入ってきたり、止まっていると感じていたことが色々動き出してきて、本当にありがたく嬉しいです。

例えば、私は帰省してから今まで「移住または地元の若い人で何かをやりたい強い思いはあるものの、私と同じくなんらかの制約があって現状思うように動けない人、またはこれから動いていきたいと思っている人」を密かに探してきていたのですが、いろんなガイドセミナーやイベントなどに参加する中で少しずつ増えてきていて、今のところ室生、榛原、大宇陀、東吉野、川上、吉野、五条、高取、桜井、奈良、王寺、生駒、(飛鳥あたりでもう少し出会いたい)などどんどん拡大しています(開き人バンクみたいなもの)。

また、頭でっかちに旅の資格を色々とっていても実践面のことが詳しくなかったり、具体的に求職活動になかなか本腰を入れられない状態においても、面白い求人を紹介してくださったり、東京採用しかしていないベンチャー会社さんから何度も連絡をいただいたり、やりたいことを組み立てる方法が少しずつ見えてきたり、
とにかく地元の素晴らしい方とたくさん縁を繋いでいただく機会が増え、そんな素敵なぶっ飛んだ方々を改めて紹介したく、しばらくお蔵入りだった映像撮影・編集作業もまたやりたいと思えるようになったのでした。

さらに、苦手な勉強ものについては、奈良検定を受けようとしたら意外と難しくて挫折するかもと思っていたら同じように勉強している方と知り合いになれたり、多言語の勉強をしようかと思っていたらスペシャリストの方に出会えて中国語検定を受ける刺激をもらったり、相続や成年後見人制度の勉強をしようとしたらスペシャリストの方が声をかけてくださって親身に相談に乗ってくださったり。創業や起業のことを知りたいと思っていたら、関連イベントを紹介していただいたり。オリエンタルカフェを開きたいと言っていたら、カフェやりたい仲間ができて一緒に食品衛生管理者の資格を取りに行くことになったり。本当にもう、ありがたい。

この12月は何かラッキースターでも付いているのではないかと思うぐらい、色々なお声をかけていただくとともに、素敵な出会いに恵まれています。長い長い私の2歳からの30年間の束縛と安定の星がやっと去り、この12月からはますます自由と創造と行動の年が巡ってくるようです(楽しみだなあ)。

ちょっと時間を見て、具体的に来年チャレンジすることの骨子を作ってみようと思った、そんな耶蘇の夜です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!