toggle
2017-11-15

2017年11月イラン渡航準備〜インターネット・アプリ編〜

イランという国は、前回ご紹介した通り、アメリカ系のシェアサービスやSNSが制限を受けていて使用することができません。Facebookも中国など同様見ることができません。インターネット環境もそれほど良くなくて、フリーのWifiがあるものの遅かったり安全でなかったりして不便なことも多いです。

そこで、今回活用したインターネット周りのツールをご紹介したいと思います。私もアナログ派だったので、今回色々友人が調べてくれたり、自分でもチャレンジして見たりしたおかげで、だいぶ通信環境においては快適な旅を過ごすことができました。

SIMカード

私はdocomoのiphone7ユーザーなのですが、今回の旅のためにバックアップを改めて取っておいてからSIMロックを解除することにしました。今までやったことがなかったため、モタモタしましたがなんとか現地で使えました。 SIMフリーではない携帯においても、購入日から100日以上経過していれば、キャリアに連絡をしてロック解除することができます。 しかも、窓口でやってもらうと3000円もかかってしまうのですが、インターネットのdocomoのHPを調べたところ、mydocomoからオンラインで申請をすると無料で解除申請をすることができます。すると、数日中にdocomoから解除連絡がメールで入るので、その後にwifiが通っている環境において新しいSIMカードを挿入すればそれで完了。ということで、旅立つまでにdocomoからの解除完了連絡を受けるところまで済ませておきました。
イランではイランCELLが主流で、テヘランのイマーム・ホメイニー国際空港や、シーラーズの空港でもSIMカードが販売されていました。大体3〜20Gぐらいまで取り揃えているのですが、10日やそこらの期間なので3Gを購入。料金はインターネット通信機能付きのSIMで、テヘランで35万リアル、シーラーズで30万リアルでした。これが空港でSIMを差し替えたところ、うまく画面が切り替えられず。。。。半分諦めながら、夜にホテルで再度チャレンジしたところ、wifiがあったせいか簡単に接続完了。散々使い倒したと思ったのですが、日本に帰って来てからもまだ2Gほど残っています。欲しい人どうぞ、って言いたいところだけど有効期間が一ヶ月しかなかったので無理かなあ。通信はほぼ安定しており、これのおかげでイランにおいてインターネットに困ることは山奥や砂漠以外はほとんどなかった。

VPN

インターネットの問題はクリアできたものの、その次に困るのがfacebookなどのソーシャルが見られないことだ(なぜかinstagramとlineは見ることができるらしい。受信メッセージは読めるのでメッセージのやりとりなどで集会ができるような機能については制限をかけているのだと思われる。そんな時に活躍するのがVPNだ。こちらも今まで使ったことがない機能だったが、色々イラン経験者のブログを探しながら今回以下の2アプリを入れて見て試すことにした。

×VPNネコ
VPNネコ – 永久の無料, トラフィック無制限, 簡単にアクセスを App Store で

TurboVPN
Turbo VPN: Better than a VPNを App Store で

結論としては、TurboVPNが優秀で、ほとんど接続が切れることがなかった。アプリを開くと広告がいちいち表示されるのが鬱陶しいが、一度接続してしまえばiphoneの設定画面の「VPN」項目をオンにするだけで良いので非常に簡単。Facebookが見られないかと思っていたが、普段と同じほど頻繁に見ることができた笑。VPNネコは、ブログでの評判はよかったのだがほとんどアクセスできなかった。イランの通信付き IranCellのSIMカードとVPNアプリのコラボが最強。

地図

地図も今までオンライン化したことがなかったのですが、今回使って見てめちゃくちゃ便利であることを知りました。私が使っていたのは主に以下です。

Maps.Me
地図をあらかじめダウンロードしておいて、オフラインで使えます。また、これが優秀だったのはペルシア語表記が英語に直って書かれていることです。これはGooglemapでは私はうまくできなかったことからずいぶん重宝させてもらいました。経路を調べたり、SPOTや周辺情報の検索も便利。GPSをオンにして使用してください。この方のブログ情報が参考になりました。
MAPS.ME オフライン地図とナビゲーションを App Store で

Google Map
Google マップ – GPS ナビを App Store で
Maps.Me同じく経路を調べたり、現在地や行き方を調べることができます。今回の旅では、Myプレイスという機能において友人と行きたい場所にピンを立てておいて見たい時にいつでも見に行って経路を調べることができるようになっていました。これはすごい。渡航前にすでにマップができてしまっている。

FourSquare

イランではなぜかFourSquareが流行っていたそうだ。ただし、こちらも最近は通信制限がかかってきたようで、VPNで見ないと閲覧できないことがあった。ランチやディナースポットを調べるのにちょうどよく、ここでのベスト5に入っているお店に実際に訪問することが多かったのだが、みんなに選ばれているだけあってどこもすごく美味しかった。このアプリも一時期日本で使われていたものの、私は今回初めて使って見た。
Foursquare City Guideを App Store で

通貨レート

Currency
このアプリがめちゃくちゃ便利。基準となる通貨の金額を入力すると、その他の通貨の同額が表示される仕組み。デフォルトで表示される通貨をあらかじめ自分で設定しておくことができる。
Currencyを App Store で

コミュニケーション

whats app
イランでは、現地の人とのコミュニケーション手段としてwhats appを聞かれることがしばしばあった。友人によるとそのほかの国でも電話やメッセージでよく使用されているとのこと。現地の人に頼ったり、仲良くなる上で入れておいて損はないアプリである。
WhatsApp Messengerを App Store で

ライン

イランはラインも通じます。国内から一緒に行く友達と情報をシェアしたり、連絡を取り合ったりするのに重宝しました。ノートに参考情報を書き溜めて行っても後から参照できて便利です。
LINEを App Store で

カレンダー

ペルシャンカレンダー
イランではイスラムに則ったイラン独自の暦(イスラム暦)が使われています。バスの日付や、賞味期限などもこの暦で書かれているため、いちいち読み替えが必要になります。そんな時に役立ってくれるアプリです。
Persian Calendarを App Store で

ペルシャ語

word power
これ、便利です。基本的な会話が全て網羅されている上に、発音の音声まで入っています(スゴイ)。ただし、日本語ではなく英語とペルシア語での翻訳会話アプリです。単語帳の機能やお気に入りを登録したりもできるので、楽しく学ぶことができます。
Learn Persian – Free WordPowerを App Store で

ペルシャ数字
イランでは西洋数字ではなく、ペルシア数字が使われています。日本語と同じく、ペルシア語はアラビア語を独自にアレンジしてできた言語のため、アラビア数字に近い表記方法になります(4.5.6の表記がアラビア数字とちょっと違う)。これはアプリではありませんが、値段交渉をしたり、現地値段からふっかけられたりしていないかを確かめる上で、webから覚えたり参照したりすることが多かったです。イランに旅するなら、必須です。車のナンバープレートもペルシア数字で書かれています。
ペルシア語/0~1000までの数字 – Wikibooks

活用したものはこんな感じです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!