toggle
2017-10-02

【Event】わらしべ旅語り:旅が生み出す「隙間」とは?「旅」とは何かを探る夕べ。

旅のオンラインイベントを実施するので告知をさせていただきます!!!

【わらしべ旅語りシリーズ】第一夜(10月6日 21:00 – 22:30):旅が生み出す「隙間」とは?

〜いろんな国や地域を旅して異文化を紹介するイベントを開いてきた二人が旅そのものについて考え、語るオンライントークシリーズ〜

奈良中部をベースに旅の拠点と旅人文庫(図書館)を作りたい「古今東西の好奇心」プロジェクトを運営する関西の御門文と、移動型コワーキンググループ「もう一つの椅子」プロジェクトを運営する関東の川原さえこ。

御門は中国・中央アジア・中東などのシルクロード・イスラーム圏を旅し、川原は欧米・北欧圏を旅しながら、現地文化の面白さに触れ紹介するイベントを主催して来た大の文化・歴史好きでもあります。

このシリーズでは、そんな二人が旅することで感じる面白さや、旅の効用、旅とは何かを語っていきます!

記念すべき第一夜では、【旅が隙間を作るとは?】をテーマに話します。
二人が旅の経験や日常生活、読書から感じる「隙間」の重要性と、それを効果的にもたらす「旅」の可能性について語りますので、お茶を片手に聞いてもらえたら嬉しいです。

なお今回は場所を選ばない「旅人らしく」、2つの実験的要素を兼ねています。
一つは、ノマドな繋がりを作ること。
主催の二人は奈良と東京、参加者は世界中どこからでもオンラインでイベント参加できます。
オンラインミーティングサービスのzoomから視聴できます(参加者の皆様と一緒に様々なオンラインサービスを学び活用する裏の趣旨もあります)

二つ目は、参加費を「投げ銭」とします。
参加チケットをオンラインのフレンドクラファンサービスのpolcaからお支払いいただくという形を試させて頂きます。
頂いた額は、これからの二人の活動の応援費として頂戴します。緩やかな繋がりから、旅人同士助け合い、知恵や豊かさを「わらしべ長者」のように紡いでいくあり方を追求してみたいという発想がベースにあります。

お手数をおかけいたしますが、初めての方もぜひこの機会に「Zoom」「Polca」を使ってみていただければと思います。

【参加費・応援費】一口:1,000円。
フレンドファンディングアプリPolca(ポルカ)をスマートフォンからご登録・お支払いをお願いします。(何口でも構いません!)

Polcaでのイベント登録・お支払いはこちら
*参考:Polcaの使い方

【参加方法】ご参加の方は、事前にPolcaからお支払いください。お支払い完了後に、お礼メールにてzoomでのイベント招待URLが送られますので、そこから視聴者としてご参加ください。
PCはURLをクリックすれば繋がります。スマホ・タブレット(アプリダウンロードが必要)からもご参加いただけます。
*Zoomに付いて詳しくはこちらに使用方法が掲載されています。

【主催者プロフィール】
御門 文
・わらしべ旅。(人に出会いながら可能性を広げていく旅)
・愛旅ソムリエ(好奇心を育てる旅や読書のお手伝い)
・通訳案内士(英語)、総合旅行業務取扱管理者、旅プランナー。ローカルガイド。スパイスインストラクター。
・シルクロード・イスラーム歴史文化研究家。
・奈良の奥大和を中心に旅を楽しむ拠点(キャラバンサライ)、及び旅と世界文化のイベントや読書をする多目的図書室「旅人文庫(リフラ)」と、旅と地域の仕掛け人達を結ぶコミュニティ(わらしべキャラバン)を作るべく準備中。「生命と時間を感じて生きる森の暮らし」、「わらしべ力(人と人が繋がることで生まれる力)」、「非常識な常識」、「巡礼旅ネットワーク作り」、「旅に行けない人が楽しむ」、「好奇心を育てる」、「リモートイベンター」がキーワード
・ウェブサイト:https://ayamikado.world/

川原さえこ
・英語講師
・フリーランス保育士
・インバウンド向け体験ガイド(東京board gameカルチャーツアー)
・旅イベントや本のライトニングトーク会主催
・コーチングゲーム・Points of You認定エバンジェリスト
・本屋同行&本屋ツアーwith Points of You。
「もう一つの椅子」という移動型コワーキンググループのマイプロジェクトを開始している。「立ち止まる」「隙間を楽しむ」「視点の枠を超える」がキーワード。
・ウェブサイト:http://hirai.bucyou.net/blog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください