toggle
2017-08-30

パッケージ旅と個人旅、どちらも使いよう。

私は比較的一人のわらしべ旅が多い人間であるが、パッケージツアーが悪いとは思わない。時と場合によっては、複数人だったり、パッケージツアーでの参加が最適なこともある。

今は、イランの個人旅のプランニングを進めている。
こうゆう性格なので、ついつい旅程表を組んで、どうしたらできるだけ最大限行きたいところに行ける旅にできるかを書き出してシミュレーションする。トランスファーや荷物動線を考えてうまく繋がるまで何度も何度も。下手すると丸一日考えていることもある。

だけど、そうしてルートが繋がった時には、飛び上がるほど嬉しい。
イランは現地の手配体制が全くもって良くないので、現地の旅行代理店に頼るしかない。それにあたり、欲しい情報の洗い出しをする。今は便利な時代で、ある程度のことはインターネットを駆使すれば情報が集まってくるが、クローズドになっている情報を探すにはやはりリアルの情報網が必要だ。そういったものは、自分から情報がありそうな場所を探して訪ねに行く(大使館・料理店・雑貨屋さんなど)。

そもそも、旅をするときはみんなどんな風にプランニングしているんだろうか。

身の安全と補償金から考えると、パッケージツアーが一番良いのは間違いない。団体旅行であること、添乗員がついていること、旅行会社が手配していることから、基本的には何も考えずとも確実で守られた旅ができるが、デメリットとしては自分の好きな行程での攻めはできないし、現地の生活や人と触れる機会はあまりない。

パッケージツアーの良いところ

・ツアーは、「申込金」を入金するまではキャンセル料がかからない。
・ツアーの各旅程は、直前に旅行会社から渡される確定書面(最終日程表)の通りに遂行されることが前提であり、その旅程に変更が生じた場合は「変更補償金」が支払われる。(仮に確定書面が交付されなかった場合は、旅行者は取消料を支払わずに解約することができる。*)
・ツアー参加中に、旅行者が急激かつ偶然の外来事故に遭った場合は「補償金(死亡補償金・後遺障害補償金・入院見舞金及び通院見舞金)」が一定額支払われる*。
・ツアー参加中に旅行者の過失で手荷物が盗難に遭っても、一定額の賠償が受けられる*。
・自身で手持ち金をあまり持参しなくて良い。(クレジットカードを使えなかったり、容易に現金を引き出せない場所や、通貨のインフレがひどい場所であると便利)
・旅行開始日当日受付完了前までは、ツアーの取消料が全旅行代金の50%ですむ。
・個人旅行では予約が取りづらい旧所名跡に、待たずに確実に入れる。
・移動が効率的で、多くの場所を訪れることができる。
・交通手段がない場所でも旅ができる。(ツアーバスなどで)
・トラブル発生時に、添乗員に代わりに対処してもらえる。
・ガイドに現地の文化や詳細について話してもらえる。

*これらの標準旅行約款による保障内容において、もちろん政治情勢の混乱による暴動やテロ、放射能汚染、自然災害(地震・噴火・津波)等は含まれない。また、個人の病気や食中毒時の治療代も出ないため、それらを補う上で個人の旅行保険の中身を検討すると良い。

パッケージツアーの悪いところ
・食事がまずい。(早く準備して作り置きし、早く清算できることが前提のため)
・行程が詰めすぎているので早朝から夜中まで駆け足になることがある。
・自分のペースでの観光ができない。
・基本的にツアーから一時離脱できない。
・おみやげ物屋に連れて行かれる。
・定員が集まらない場合は催行されない。
・一人参加の場合の追加料金が非常に高い。
・日本人観光客の団体としてスリに狙われやすい。
・行動を乱す客がいると、旅程が乱れる(ルートを外れた人の捜索のせいで博物館の閲覧時間が短縮されるなど)。

個人旅行についても考えてみる。

個人旅行の良いところ
・好きな日程好きな場所を自由に組める。
・途中で旅程の変更が効きやすい。
・好きな食事ができる。
・現地の人や生活に実際に馴染むことができる。
・現地の友人ができやすい。
・一人でも旅ができる。
・パッケージ料金よりも安い場合がある。
・自分だけのチップを使いやすい(交通機関やホテルでここぞと言う時に効く)

個人旅行の悪いところ
・自分で各旅程の手配をするために、割高になりがちなこと。
・パッケージツアーでの補障が適用されないこと(全ての場合においての旅行保険を想定しなければならない)。
・現地の人に足元を見られがちなこと。
・体調を崩した際に自身で対処しなければならないこと。
・暴動や戦乱の際に、個人行動のために最新情報が入って来づらいこと。
・ガイドがいないために、自身で事前に調べていく必要があること。
・自身で旅行のプランニングをして手配、または手配を依頼する必要があること。

いろんな人に聞いたら、もっと色々出てくるかもしれない。
なので、あまりこだわりを持ちすぎずに状況に応じて取捨選択すればいいと思われる。

でも。
自由には責任が伴うが、どうせ人や文化を辿っていく「わらしべ旅」をするなら、一個一個自分で調べて準備を積み上げ、課題を乗り越えていく個人旅がいいなあと思ってしまう。
と言うわけで、メリデメで考えた場合ではパッケージツアーで行った方が確実に安心なイラン旅行だが、あえて今回は個人旅をすることに挑んでみた。

だってそこにはきっと、何か次のわらしべに繋がる可能性と、冒険のワクワクがあるに違いないから。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください