toggle
2017-05-11

得体の知れない感覚を背負うプレッシャーが面白い

親しい友人に会って近況を話すと、

「なんか面白そうなことやりそうで楽しみ!」

「これからどんなことをどんなふうにやっていくのかが想像つかんけど、全然心配なさそう。」

と言ってもらうことが多い。

ありがたいこととは思うものの、

いやいやいやいやいやいや、

心配してほしいですから!!笑

かいかぶりすぎ!

、、、と思うのだが、

「面白そう」「変な人」と思ってもらえるのは幸せなことだと改めて受け止めた。

私の大好きなアラマタさんもこう言ってるし笑。

そんなこんなで、

わたしは、本日奈良県庁に通訳案内士の免許申請にいきました。県庁の「奈良の魅力向上課」で手続きをしたところ、新人さんが相手してくれて、その方がとても親切でなごむ。

無事に終えて外に出ると、GW明けなので目ぬき通りには日本人はほとんどとおらず、代わりに外国の人がたくさん。

そのため、鹿せんべいも鹿もフル稼働で活躍し、

奈良公園は今日も平和で過ごしておりました。

県庁

ひるやすみのシカ

お薄が飲みたくなる。

龍が登らんとす。

ここ美味しかったー!

コスプレしたいなあ。

むむっ!やりたいことを先にやってる人たちが!

憧れのくるみの木。

少し遠いけど、待合室があるのがすごい!!

心地よい空間にゆったりできました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!