toggle
2017-03-22

【BOOK】となりのイスラム〜親しみやすい入門書〜

たまたま表参道の交差点にある本屋のお姉さんと盛り上がっておもわず買ったのだが、過去から現在までのイスラム入門としては、びっくりするぐらいわかりやすくて違和感がない!!

イスラーム関連の本は多分70〜80冊くらい読んでるけどそのなかでも入門としては堅苦しくなく本質を書いてて、良書すぎる。さすがミシマ社。なんとなく常識として知りたいけど、小難しい本はイヤだな〜という方にオススメなのでぜひ読んでほしい。

世界中に16億人もいて、3人に1人はイスラームの人という世の中で、東京オリンピックも近いことだし、異文化理解としても素晴らしいと思う。

もうね、イスラームのゆるゆるな文化と、人懐こさにほんわかしちゃうよ。ほんとに「となりの〜」て雰囲気。

あと個人的には、著者さんが「イスラム圏の国に行くと気分的にダラっとできる」という言葉に激しく共感。

わかるわかる、気張らずゆるーくて、人間の弱さに寛容でマイペース。自他に線引きをせず、大目に見てくれる。あと、イスラームを見ることは欧米を客観的に見ることであることも。

細かいことはあれこれ言いたいこともある。

あー、しゃべりたい!

あと、最後にこの本を読んで「多文化共生」という研究分野が既にあることを知り、ものすごく興味を持ったことはコメントとして残しておく。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!