toggle
2015-03-21

ゆとりのある強さを秘めること。

ゆとりは強さだと思う。
笑顔も強さだと思う。
いつも笑顔でいたい。
そのために、何事も
心を込めてたいせつに。
そうして陽の気を湛えて
年を重ねたい。
自分の気も相手の気も
受け流し、浄化する。
強い気は懐に納めておく。
心身の隙がある強さ。
太極拳。奥深い。
続けていけるといいなぁ。
と、先日に野際陽子似のラオシーを見ていて思ふ。
わたし、守り過ぎかもなあ。
気の流れを自覚して手当てするため、と書くといかにもあやしいが笑、部屋をもっと自分の気を高めやすい環境に改善したい。たぶん、いつもそうじゃないんだと思う。
きっと、料理や掃除もそういう過程の感覚なんじゃないかなあ。
日常に流され気をすり減らしたり、それを満たしに消費を続けたり。
気も価値も、消費に頼らず創出を行ない、循環する。これは今年の取組みテーマ。
ゆとりのある強さを秘めること。

{0772BA8D-2EEF-4C07-AC35-1B419813764A:01}

笑顔なときも、笑顔でないときも

気を納めることをたいせつに。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!